製品のご案内

CANテスター(高出力対応) DPLT-8500

本装置は、オペレータが半導体レーザーダイオードを測定ステージに手でセットすることで、電気特性、光出力特性、FFP特性、波長特性などを自動で測定するマニュアル式の装置です。

測定した結果の表示や良否判定などはPC上に表示されます。

特徴

  • 高出力対応
  • コンパクトデザイン
  • 短パルス測定機能
  • 多品種のデバイスへの対応が可能

 

装置スペック

DPLT-8500_spec.JPG

注1)ご相談の上、他の波長域へ変更可能。

注2)御相談の上、ほかの温度域へも変更可能。

各製品のカタログ請求やデモ機のお申し込み、
お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ